できるだけ早めに効果が期待できるニキビケアと言えば、やはりスキンケア化粧品…!

女性

ニキビには、長年悩まされています。

一番ひどかったのは20代の頃で、顔中にいくつものニキビが同時に発生している状況でした。

ファッション関係の仕事に就いていましたので、上司から何となく「スキンケアしてる?」と聞かれ、私が不潔にしているからこんな肌なのだと言わんばかりでショックを受けました。


もちろん、日常的にニキビケアの研究は欠かすことはありませんでした。

家族にアドバイスを求めたり、ニキビ肌を克服した知り合いの人の体験談を聞いたり、皮膚科にも通いました。

処方薬を服用しても、あるカプセル薬や漢方薬が合わずに急性肝炎になり、とてもひどい目にあいました。


こうなっては自分で徹底的にやるしかないと、ニキビケアに良いとされるスキンケア化粧品のサンプルを入手したり、お試しセットを購入し、たくさんの種類を試しました。

サンプルやお試しセットがなければ、いくらお金を使うことになったか、恐ろしいことです。

持論ですが、食事内容や睡眠時間なども大切ですが、そればかりに力を入れてもあまり効果を感じないと思っています。

時間が必要なのでしょうが、体質を変えるほどの時間は待てません。

できるだけ早めに効果が期待できるニキビケアと言えば、やはりスキンケア化粧品だと思います。


いくつものニキビケア化粧品を試すうちに気づいたのですが、私のニキビに効果があったのは、余計な成分が入っていないのはもちろんのこと、「保湿力がすごい化粧水」です。

私の肌は乾燥肌で敏感肌なので、肌に極力優しく、潤いを与えるという、スキンケアの原点をしっかりと実行することで、少しずつおでこの無数の白ニキビが消えていきました。

それと同時に、頬や口周り、アゴのニキビもできにくくなり、できても寝る前に馬油を薄く塗るだけで、翌日には治りかけの状態になるという、嬉しい肌になりました。

おそらく、保湿によって肌がやわらかくなり、ニキビの原因となる毛穴の詰まりが軽減されたことや、肌バリアの力が戻ったことが、ニキビ改善のカギだったのではないかと思います。


ニキビケアをする時のポイントは、サンプルやお試しセットを利用すること、なるべくシンプル処方で保湿力に優れたものを選ぶこと、使い続けること、そして、栄養バランスや睡眠時間もある程度視野に入れることだと思います。

ストレスが強い場合は、考え方を変えたり、発散する方法を見つける、時にはストレスから逃げることも大切ではないかと考えます。

"

このページの先頭へ