ニキビの原因となるのが乾燥、ターンオーバーの乱れ…!

女性

ニキビケア化粧品は慢性的なニキビに悩んでいる方におすすめです。

ニキビの原因として皮脂量が増えることがありますが、その原因となるのが乾燥、ターンオーバーの乱れなどです。

乾燥とニキビは無縁に思えるかもしれませんが、実際は大いに関係しています。

乾燥した状態は肌にとって好ましくなく、肌機能は乾燥から守るために皮脂を過剰に分泌させます。

それによって本来の肌を超えて皮脂分泌がされるため、オイリーになってニキビの原因となるわけです。

乾燥から結果的にオイリーになるので、ニキビのリスクを高めてしまうわけです。


ターンオーバーの乱れは不規則な生活が関係していますが、ほかにも紫外線ケアの不足、肌に合わないスキンケアなどが影響しています。

ターンオーバーを正常にするためには生活改善が必須となるので、不規則な部分から解消をしていきましょう。

肌状態を正していくことで新陳代謝がよくなり、ニキビの原因を遠ざけることができます。

スキンケア用品は年代によって変えていくのが好ましく、例えば20代で使用していたスキンケア用品が将来的に合わなくなる可能性は大きいです。

20代よりも30代の肌のほうがダメージを受けやすいため、より徹底したケアが必要になってきます。


ニキビケア化粧品は敏感肌・乾燥肌の方も使用できるため、肌があまり丈夫でない方におすすめです。

まずは肌のターンオーバーを正常にして、ニキビの原因を解消していきましょう。

ターンオーバーが乱れると毒素排出も滞ってしまうので、肌にとってよいことが何もありません。

肌を元気にするためにも自分に合った化粧品を使用して、肌バランスを正常にしておきましょう。

正常肌の状態から急にニキビが発生するケースは少ないため、まずは正常肌を維持することを基本にしてください。

そのためには化粧品に加えて、生活改善もしていく必要があります。


ニキビの原因は無意識のうちに作っていることが多いので、ここから改善をしていく必要があるでしょう。

30代から急にニキビに悩まされるようになったという方は少なくありません。

30代はお肌の曲がり角を過ぎている年齢ですし、肌が非常に傷つきやすくなっています。

正確にいえばダメージに対して弱くなっているので、紫外線がニキビの原因となることもあります。

紫外線は肌の免疫力やターンオーバーに影響してくるので、紫外線対策は20代のとき以上に徹底してください。

紫外線さえ遠ざけていけば、実年齢に見合った肌を維持できるはずです。


このページの先頭へ