イメージ画像

ニキビのケアでお困りの方…
ニキビの改善に効果が実感できる化粧品を、人気ランキングで紹介します!

実際の体験談や口コミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋情報などから、
サイト独自で調査した結果をランキングしています。

ニキビのケアって大切ですよね…?!適切なケアをしないと、みにくいニキビ痕ができて、一生付き合うはめに…。では、どんなケアがいいのですか?おすすめの化粧品はどれですか?

こんな深刻なニキビの悩みを解消するために、安全で、よく効く化粧品を調べてみました!

肌のトラブルは、その症状によっていいろいろあります。

とりわけ、ニキビで悩んでいるヒトは、たくさんいます。

これは、10代の思春期から、働き盛りの大人にいたるまで、かなりの範囲の年齢層に至ります。

えっ!あなたも、そのひとりですか?

でも、心配はいりません。適切にケアすれば、悩みをなくすことは可能ですので…。

この、「適切なケア」、これが大切なポイントとなります。

ニキビは何故できるのでしょう?

では、ニキビ解消のためには、まず、できる原因を知らなくてはなりません。

青春のシンボルともいわれる思春期のニキビも、成人した後にできるいわゆる「大人ニキビ」も、できる原因は同じなのです。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってできるのですが、しかし、10代のニキビと大人のニキビでは、その詰まる要因に違いがあるといわれています。

まぁ、実際のところは、要因は複雑で、これだ!と一つを特定することはできないといいますが、…。

10代のニキビの一番大きな要因は、皮脂分泌の過剰です。

思春期は性線が活発になり、男性ホルモンが皮脂腺を刺激して過剰な皮脂を分泌し、それが毛穴に詰まって、アクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビとなります。

では、おとなのニキビの一番の要因はといいますと、「ホルモンバランスの乱れ」です。

つまり、睡眠不足、ストレス、偏った食生活、など…。これによってホルモンバランスが崩れてきて、結果、ターンオーバー(肌の新陳代謝)がみだれてきます。このため、古い角質が肌に残って厚くなり、毛穴を詰まらせてニキビとなります。

また、10代、大人、と共通する原因として、自分の肌を脂性肌と思い込み、保湿を怠ったために皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まってニキビが出来るケースも多く見られるといわれます。

ニキビの種類と特長にはいろいろなものがあります。

ニキビの種類と特長はさまざまで、白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビや黄色ニキビなどがあります。


白ニキビは初期段階の状態のことで、顔の毛穴につまった皮脂や老廃物などが毛穴の内側に盛り上がっている状態です。

この段階できちんとケアをすると、炎症を伴うような赤ニキビや黄ニキビなどへの進行を予防することができたり、ニキビ跡などの状態を防ぐこともできます。

白ニキビは炎症を起こす前の状態で、かゆみや痛みなどがほとんどないですが、そのまま放置したり、不衛生な状態を続けていると、次第に炎症を起こし赤ニキビに進行します。

白ニキビは額や口まわりなどにできやすく、大人のニキビとしても有名です。


皮脂分泌量が多い人や、乾燥してしてかえって皮脂が出やすい人の場合、二の腕や背中などに発生することもあり、背中にあるニキビは気づきにくいので対処が遅くなってしまうので注意が必要です。

背中のニキビは身体を洗う時や、布地による摩擦などによって悪化しやすいので赤ニキビに進行する可能性が高いでしょう。赤ニキビに進行してしまう前に、早く治療しておくことが大切です。


赤ニキビは白ニキビが赤くなったもので、原因として皮脂の過剰分泌だとされています。

皮脂はお肌に潤いを与えたり、外部からのホコリや細菌・ウィルスなどが入らないよう防御する役目があります。

皮脂の量が少な過ぎると、お肌が乾燥してしまいお肌の防御機能が失われることによって、シミやシワなどさまざまな悪影響が出てしまいます。

過剰に分泌されると、毛穴が詰まり、詰まった皮脂を栄養素としてアクネ菌が増殖し、大量に増えたアクネ菌によって皮膚組織が刺激され炎症を起こし、これが赤ニキビになります。

不規則な生活が原因だったり、脂っこい物を食べ過ぎると発生することがあるので、規則正しい生活を過ごしていると、皮脂の過剰分泌は起こらないので生活習慣を見直す必要があるでしょう。

過度に洗顔を行うと発生することがあり、お肌の防御機能が作用し皮脂を分泌してしまうこともあるので、適度な洗顔が大事です。

ニキビケアのポイントは何でしょう?

このように、なかなか厄介なニキビですが、では、どうやってケアをすればいいのでしょうか?

当然、10代のニキビと、大人のニキビでは、そのケアの仕方も違ってきます。

まず、10代のニキビのケアで大事なことは、●洗顔をしっかりとして清潔を保つ、●油分を控えた手入れをする…これで、普通は改善が見られます。問題は、できたニキビをいじくって悪化させ、ニキビ痕を作らないことです。

そして、大人ニキビのケアですが、10代のニキビと違って要因が複雑ですので、なかなか治りにくいというのが特徴です。

10代と同じようなケアでは、悪化することが多く、また、他の肌トラブルを招く結果ともなります。

もちろん、肌を清潔に保つことは大事ですが、それだけでは充分ではありません。肌に残った古い角質を取り除いて、ターンオーバーを正常にする角質ケアが重要となります。

さらに、角質の機能を低下させる肌の乾燥を避け、充分な保湿を心がける必要があります。

ニキビの種類別の改善策、白から紫まで…

一言に「ニキビ」と言っても、ニキビには段階で分けられる種類があり、治すためにはそれぞれのニキビの種類別の改善策が必要となります。

ニキビは男性ホルモンが多くなると生まれ、毛穴に角栓や皮脂が詰まりやすくなることから発生します。


ニキビは一般的に色で区別され、目視できる初期段階のニキビは白ニキビと呼ばれます。

最もメジャーなニキビですが、この状態環境のまま放っておくと炎症が酷くなり、より見た目に影響を与えるニキビへと進んでゆくので早めの対処が必要です。


ニキビの治療法には面ぽう圧出というものがあります。

針やレーザーなどで詰まっている膿そのものを掻き出してしまうものです。

爪などで適当にニキビを潰すことも一応面ぽう圧出に分類されますが、雑菌が入り込むなどして悪化する恐れがあるためおすすめできません。

医療機関でしっかりした処置を受けましょう。

この面ぽう圧出は白ニキビに効果的です。


また、黒ニキビも面ぽう圧出によって治療できます。

黒ニキビとは、皮脂が空気に触れることによって黒く酸化してしまったもののことを指します。

ポジションとしては白ニキビとあまり変わらない初期段階のものとして扱われます。


白ニキビが進行すると、ニキビの周りが赤く腫れる赤ニキビ状態になります。

膿だけでなく炎症が伴うので、正しい治療には面ぽう圧出だけでなく抗炎症剤の使用による治療が必要となってきます。


さらに進行すると、赤ニキビの中に膿が顔を見せる黄色ニキビというものになります。

この状態は膿が簡単に目視でき、すぐに取り出せてしまいそうな見た目をしていますが、そうしてしまうと跡が残る確率が非常に高くなります。

跡が残らないようにするにはお医者さんの力を借りた方が良いです。


赤ニキビ、黄色ニキビからその次の段階、紫ニキビになってしまうと、必ず跡が残ってしまうと言っても過言ではない状態です。

赤や黄色より力を入れた治療が必要ですが、できれば紫ニキビになってしまう前に炎症を抑える努力をした方が賢明です。


また、思春期ニキビと呼ばれるものはこれらのニキビとは違い、毛穴が未成熟であり、皮脂が多く出やすい年頃であるために起こります。

あくまでも成長の過程として起こるものなので大人に起こるニキビのように根絶しようとする必要はありませんが、炎症が酷くなって赤くなることは防いだ方が良いです。

また、ニキビによって広がった毛穴を無理にケアしようとすると後々の跡が残る原因となるので、余分な皮脂を落とす程度の処置が望ましいです。

ニキビケアに効果的な化粧品を選ぶにはどうしたらいいのでしょう?

ニキビをできにくくするためには、毎日欠かさず洗顔をすることなどが必要にもなってきます。

ですが、生まれつきの肌質によってこまめに肌ケアをしていてもニキビができてしまうことというのはあるものです。

ですから、ニキビができやすい人は、毎日の洗顔プラスニキビケアになる化粧品を使っていくと良いでしょう。

そうすることによって、ニキビができにくくなったり、万が一できてしまったとしても被害を拡大させるようなこともなくて良いでしょう。


ニキビケア用の化粧品というのは通販などでもとても多く販売されているので、できるだけ長く販売されていて、評価も良さそうなものを選んでいくと良いです。

ニキビケア用の化粧品も、どんなに良いものでもすぐに結果が出るというようなことは少ないですから、長く使い続けている人の評価や口コミというのがとても大事になってくるものです。

販売年数や販売数が少ない化粧品であれば使っている人もまだ少ないことから、評価や口コミの情報なども少ないですが、ロングセラー商品であれば色々な人の口コミや情報なども得ることができて良いものです。


また、海外製品も安易に使うには注意が必要です。

ニキビケアとして知名度の高い化粧品は、国内のものだけでなく海外のものでもいくつかありますが、日本人の肌にはあわないということもあるので、国産のもので安全に使えるものであるかどうかも選ぶポイントになってきます。

輸入品で取り寄せも面倒なものであれば、今使っているものがなくなって次の商品が届くまでに時間がかかってしまうというようなこともあるので、スムーズに取り寄せができるかどうかということも選ぶポイントにしてみると良いです。


また、ニキビができているとそれほど刺激が強くない化粧品であっても肌に沁みてしまって赤くなってしまうということもあるので、少し使って沁みたり痛みを感じるようなことがあるのであれば、低刺激であることを一番の売りにしているものや、少量でも充分潤う高保湿のものを見つけてみましょう。

ニキビができてしまう原因は人それぞれですが、大人ニキビの場合は保湿が足りていないことでニキビができているということも多いので、乾燥を感じることが多い人であればニキビ対策のために保湿成分にこだわってみても良いでしょう。

また、大人ニキビのケアで有効だといわれているものに、ビタミンC誘導体というものがあります。

この成分は、毛穴の中の活性酸素を抑えて皮脂の酸化を防いでくれます。

さらに、皮脂を抑えたり、色素沈着を薄めたりする効能がありますので、ニキビのケアにな比較的有効だといえます。

ビタミンC誘導体は、水溶性ですので、ビタミンC誘導体を配合した化粧水が、肌への浸透を高めてくれます。

いずれにせよ、大人のニキビは複雑で治りにくいのが特徴ですので、自分のニキビの性質に合ったケアが必要となります。

家庭でできる適切な自分なりのニキビのケアに加え、自分のニキビのケアに効果が期待できる化粧品でケアすることをオススメします。

でも、どんな化粧品を使ってケアすればいいのか…なかなか難しい問題です。

そこで、当サイトでは、独自にさまざまなニキビケア化粧品を調べてみました。そして、そのなかから、実際の体験談や口コミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋情報などをもとに、おすすめの人気商品をランキングしてみました。

ニキビケア化粧品  おすすめ  人気ランキング

注意点を知っておこう!正しいニキビケアとは?

しっかりケアしているつもりでも、多くのニキビができてしまう人もいます。

その場合はケアの方法を間違えている恐れがあります。

正しい方法でケアをしないと、ニキビができるのを防げないどころか悪化してしまいかねません。

ニキビケアには重要な注意点があるので、しっかり把握しておきましょう。


できるだけ皮脂をたくさん落とすことが、ニキビケアの基本と考えている人が少なくありません。

しかし皮脂を落とし過ぎると、バリア機能が低下してしまうので要注意です。

皮脂というとニキビの原因になる悪い物質だと認識されがちですが、肌を守る大切な役割もあります。

皮脂がないと肌に汚れが直接触れるので、ニキビが生じやすくなってしまいます。

そのため洗浄力が強すぎる洗顔料を使用するのは良くありません。

また皮脂が著しく洗い流されると、皮膚を保護しようとして過剰に分泌されます。

その現象によってニキビができるケースも珍しくありません。


顔に洗顔料を浸透させるために、すぐに流さずに放置する人も見受けられます。

馴染ませることによって、脂分と混じり合って除去しやすくなると考えているのです。

確かに肌の細部に入った汚れを除去しやすくなるケースもあります。

しかし肌との接触時間が長くなることで、肌が荒れてニキビを引き起こすこともよくあります。


冷水で洗顔料をすすぐのも悪いニキビケアの一つです。

冷やして毛穴を引き締めることによって、ニキビを発生させる物質が入り込むことを防げると考える人がいます。

しかし冷水を使用すると、洗顔料が顔の上で固まる可能性があるので良くありません。

そのようにして残った成分はニキビの原因になることがあるからです。

ニキビケアにおいて洗顔はとても大切ですが、洗浄力や肌に与えるダメージを十分に考慮しなければなりません。


肌を乾燥させないこともニキビケアの注意点の一つです。

肌が瑞々しい状態だとバリア機能が高くなるので、ニキビができにくくなります。

そのため肌の手入れをするときは、保湿を重視することがポイントといえます。

それと同時に、ニキビの原因になる雑菌の繁殖を抑えることも忘れてはいけません。

清潔に保つためには、抗菌の作用がある美容品を使用するのがおすすめです。

外出するときは日焼けしないように心がけることも大きな注意点です。

紫外線を受けると、ニキビの痕跡が残りやすくなります。

外出時は保湿と抗菌だけでなく、日焼けの防止効果のある美容品を使用しましょう。

大人ニキビは、乾燥が大敵

ニキビというと、思春期特有の顔の吹き出物といったイメージがありますが、30代といった大人であってもニキビに悩まされる人は多いのです。

しかも、ニキビだからといって、若いころを同じようなスキンケアを試みると、余計に悪化してしまうことにもなりかねず、きちんと理解しておく必要があります。


思春期のニキビは、新陳代謝が活発であるうえに、皮脂の分泌が盛んであることから起こることが多いものです。

そのため、洗浄力の強い洗顔を使用し、その後にさっぱりとした化粧水などで保湿することで治ることも多くなります。

しかし大人ニキビの原因は、ターンオーバーといった肌の再生機能が大きく影響しているのです。


大人の肌のターンオーバーは、およそ28日周期で生まれ変わると言われています。

よく加齢によってターンオーバーが遅くなることによって、シミやしわが増えるといったことは言われています。

しかし大人ニキビはターンオーバーが短くなることによって引き起こされるとも言われているのです。

いったいどういうことなのでしょうか。


正常なターンオーバーは、栄養がしっかり取れている・睡眠時間の確保がされている・ストレスが溜め込まれていないといった健康な体でこそ得られるものです。

しかし大人になると、仕事によって生活リズムが乱れたり、外食などによる食生活の乱れ、毎日眠る時間が遅くなってしまうといった身体に対して悪影響と言える環境下で過ごすことが多くなります。

それにより、ターンオーバーが乱れてしまい、新しい肌細胞が成長する前に肌が生まれ変わってしまうという事が起きるのです。


成長しきっていない新しい肌は、保湿力や肌のバリア機能といったものが不十分で、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

そのため肌荒れしやすくなり、大人ニキビができてしまうのです。

大人ニキビが乾燥によるものというのは、このターンオーバーの乱れによる保湿力の低下が原因なのです。


つまり、大人ニキビを改善しようと思ったら、選ぶスキンケア用品は保湿力の高いものが大前提となります。

若い思春期ニキビの頃に使用していた、洗浄力の高い洗顔は必要な水分や油分を取り去ってしまい、逆効果となってしまうため選んではいけません。


なるべく低刺激で、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分がたっぷり含まれているものを選ぶようにしましょう。

選ぶ際には、ただ保湿成分が含まれているかだけではなく、浸透力を高める工夫がしてあるものが効果的です。

背中ニキビの原因とは?その改善方法は?

若い年代の人だけでなく、幅広い年代の人が悩む肌トラブルの一つにニキビがあります。

ニキビの中でも一度できるとなかなか治りにくく、ケアも難しい場所である背中ニキビに悩んでいる人は少なくありません。

自分の背中は自分自身の目で直接確認することも手で触ることも難しい場所のため、背中ニキビができていても気付かないまましばらく経過する場合もあります。

また、自分ではケアしにくい場所のため、重症化になる前の早期対応と予防が重要になるのです。


背中ニキビができる原因にはどのような理由があるのでしょうか。

そもそもニキビができる仕組みとしては、毛穴が詰まって皮脂が毛穴の内部に溜まり、アクネ菌がその部分に増殖することでニキビが発生します。

背中ニキビもその仕組みは一緒で、何かしらの原因で毛穴が塞がってアクネ菌が増殖することで発生するのです。


もともと背中は皮脂や汗の分泌が多い部位であり、皮膚の角質層自体も厚くなっています。

さらに背中は衣類で蒸れてしまい菌が増殖しやすい環境でもあります。

そのために、ニキビができやすい場所ともいえます。

その上に確認しにくく、ケアしにくい場所のため、背中ニキビは治りにくいと言われているのです。


背中ニキビができる原因としては、過剰な皮脂分泌、さまざまな外因で起こる摩擦などによる肌ストレス、シャンプーなどのすすぎ残し、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

男性ホルモンは皮脂腺を刺激する作用があります。

ストレスや睡眠不足などが原因で男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。


また、食生活に関してもその原因となりえます。

炭水化物や糖分を多く含む食品をはじめ、動物性脂肪の多い高脂肪の食品を過剰に摂取することによって、脂肪分が皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加するのです。


背中の洗い方が不十分でも皮脂が溜まる原因になります。

特にこの部位は洗いにくい場所である為に注意が必要です。

とはいえ、あまり力を入れすぎると肌を傷つけて炎症を引き起こすため、加減が必要です。

さらには、洗った後の洗い流しが不十分であったり、シャンプーやリンスなどを流した時に背中に残ってしまうと毛穴が詰まってしまう原因になるため、しっかりと洗い流すことも大切です。

強く擦りすぎずにしっかりと角質を取り除くためには、ピーリング成分が入った石けんなどで洗うと、肌に負担をかけずに綺麗に汚れを落とすことが可能です。


その他のニキビ改善方法としては、食生活の改善が挙げられます。

皮脂分泌を促す食事は控えめにして、ビタミンB群をしっかりと摂取することです。

規則正しい生活を行う事、肌にストレスの少ない下着を身に着けて、汗をかいたらできるだけこまめに着替えることなども大切です。

ニキビ跡を消すために大切なのは…

ニキビ跡が残ってしまうと、ずっと目立ってしまうものです。

ある程度ニキビが重症化すると跡が残りやすいので、早めに対策をしておきましょう。

ニキビケア化粧品はニキビを予防してくれますし、ニキビ跡対策としても役立つでしょう。

ニキビが発生する肌状態はターンオーバーが崩れているので、ここを正していくことが重要になります。

例えばニキビを放置しておくと肌がボロボロになってしまいますし、炎症が習慣化することが多いです。

炎症がひどくなると、顔にブツブツが発生してコンプレックスに感じてしまう人もいます。


肌のターンオーバーが正常だとニキビは発生しにくく、発生してもすぐに治るのが普通です。

ニキビが長引いてしまう場合、ターンオーバーに乱れが生じていると考えてよいでしょう。

長引いている状態は肌バランスが崩れているので、ニキビが治りにくいだけでなく、跡が残りやすいのです。

ニキビ跡が発生してしまうと、簡単には解消することができません。

そのため解消よりも予防を意識したケアが大切となります。

ニキビケア化粧品はオール肌タイプなので、乾燥・オイリー・敏感などあらゆるタイプに使用できるでしょう。

肌を元気にする基本は正常肌をずっと維持することにあり、これがアンチエイジングの王道とも言えます。


ニキビ跡が残りやすい方の特徴は、乾燥やオイリーが長引いている方です。

いずれの肌状態もバリア機能を低下させるので、炎症なども起こりやすくなります。

美肌を維持するためにもニキビケア化粧品を使用し、肌のターンオーバーとバリア機能を整えてください。

当たり前のケアをコツコツと続けることに勝るケアはなく、美肌を維持することで肌を元気にしてくれます。

肌は30代後半あたりから急激に老化しやすくなりますが、正しいケアを実践していれば最小限に抑えることができます。


ニキビ跡を放置しておいても解消させるのは難しく、肌のターンオーバーが崩れていくことで定着してしまう可能性があるでしょう。

肌というのは年齢を重ねるほど修復に時間がかかるので、若いうちからのケアが大切なのです。

正しいケアを実践しておくことで、美肌を守ることができるでしょう。

ニキビ跡に悩んでいる方は、洗顔をしっかりと行ってからニキビケア化粧品を多めに使用してケアしてください。

使用が少ないと十分な保湿力を発揮できないので、ニキビ跡が消えない可能性があります。

保湿を入念に行なうことはアンチエイジングとなり、若々しい肌を維持する基本でもあります。

にきびを治すための洗顔

にきびを治すためには清潔にすることが必要です。

洗顔の際には、まずは手を洗っておきましょう。

洗顔するのに手が汚れていると肌に汚れを擦り付けてしまうことになりますからよくありません。

顔を洗うついでに手を洗うのではなく、手は先に洗って清潔にしておきましょう。


汚れを落とすためには肌への刺激は最低限にするほうがよいです。

肌を刺激するとにきびを悪化させてしまう恐れがあるからです。

だからといって、汚れが肌に残ってしまうのもにきびにはよくありません。

肌を刺激せずに汚れを落とすための工夫を取り入れましょう。

洗う時にはぬるま湯による予洗いから始めます。

手間をかけられる方は、その前に蒸しタオルで汚れを浮かせておくというのもおすすめの方法です。

肌を蒸らすことで毛穴が開き、汚れを落としやすくすることができるからです。

熱すぎたり、タオルそのものがごわついていたり、不潔だったりすると逆効果ですので、その辺は注意しましょう。

肌に負担をかけず、汚れが落ちやすい状況を作れるようにしましょう。


肌に負担をかけないためには、洗顔料は泡立ちが良いものを選び、しっかりと泡立てて使うというのもおすすめです。

泡立ちがよければ必要以上に肌を直接触ることを避けられます。

泡を使って肌に刺激を与えないよう、不要な皮脂や汚れを包み込むように落とします。

肌を擦ってしまわないように注意しましょう。


洗う順番は皮脂が多くて皮膚も厚い、額や鼻などTゾーンから始めるとよいです。

デリケートな部分は後で洗ったほうが刺激を小さくすることができます。

皮膚が丈夫で汚れが酷い部分から洗い始めて、デリケートな目元などは最後に軽く洗うと刺激を小さくしながら汚れはしっかり落とすことができます。

肌を擦らなくても、洗顔料の泡が長時間肌に乗っているだけでも肌へは負担になります。

洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。


お湯の温度が高すぎると皮脂を奪い過ぎるなど、肌への負担が大きくなります。

きちんとぬるま湯を使うようにしましょう。

拭くときにもゴシゴシとするのはいけません。

清潔なタオルを使い、肌に押し当てるように優しく水分をふき取りましょう。

硬いタオルは肌を刺激してにきびによくありません。

柔らかくて清潔なタオルを使うよう心がけましょう。


にきびが気になるからといって、洗い過ぎもよくありません。

基本的には朝と晩の二回、洗えば大丈夫です。

一日に何度も洗うようなことは避けましょう。


■ ニキビケア化粧品おすすめ@人気ランキングについて… ■

当サイトのランキングは、サイト独自に調査した順位ですので、ご了承をおねがいします。


ニキビのケアは、適切な化粧品で、適切なケアをこまめに根気よくしてあげることが、悩みを解消する近道です。

このサイトが、そのためにお役にたてればこのうえもありせん。


関連サイト⇒ニキビ跡に効く化粧水・美容液@おすすめの人気ランキング~調べました!


このページの先頭へ